学会について

フットケアは高齢者・糖尿病患者のQOLを向上するために、大変重要なものです。

日本では血管外科、整形外科、内科、皮膚科のはざまで、患者ケアが行き届かない分野で、足切断になるまで医療者のケアがなされていなかったり、予防が不十分であったりする場合もあります。海外では、フットケアの専門職や専門病院があり、高齢者や糖尿病の足病変の予防と治療に成果をあげています。

日本においても、フットケアをチーム医療として取り入れ、患者のQOLと医療の質の向上、医療の効率化という目標を追求する、効果的な医療手段としての関心が高まってきました。そこでチーム医療によるフットケアの正しい知識と啓発・普及を目指し、当学会を設立することになりました。

学会に参加すると下記の認定資格の更新単位になります

  • ○ 認定看護師 <皮膚・排泄ケア><糖尿病看護>
  • ○ 血管診療技師(CVT)
  • ○ 透析療法指導看護師
  • △ 糖尿病療養指導士
  • ○ リンパ浮腫療法士

※"△"印は、開催学術集会・学術セミナー毎に申請となるため、常時ではありません。